FC2ブログ

ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ぶどうの木へ どうぞ  

ぶどうの木を開設して、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています

あっという間に、一ヶ月が経ってしまったという感じです


このようなカウンセリングルームを自分で開設してみて、どれぐらい
知ってもらえるかなという不安もありましたが、少しづつ問い合わせや
予約のご連絡が増えてきているという状態です


ところで、「カウンセリング」と聞かれると、なんだか特別なことのように感じられる
かもしれませんね

また、カウンセラーっていう人は、どんな人で、何をしてくれるんだろうと
思いますよね

わたしたちは、「臨床心理士」といって、こころの問題や、こころの中で起きるさまざまな現象
を専門的に学び、またカウンセリングという「こころの援助のための対話」の訓練・実践を
色んな現場で、積んできています


相談したいこと 困っていること 不安に思うこと 悩み
いつまでも消えない心の苦しみ、きつさ

こういったことは、どんな人でも持ってしまうものです
特に現代は、至るところにストレスが潜んでいる社会になっています

職場や、家庭、学校  友人関係、夫婦、親子関係、嫁姑の関係
上司や同僚との関係、 先輩、後輩との関係、恋人との関係
または、進路のこと、就職のこと、部活のこと
     自分自身のこと  自分の容貌のこと などを考えるとき・・


友だちや、家族、同僚や恋人などの身近な人にお話して、楽になったり、問題が解決すること
も、もちろんあるでしょうね

そういうものの他に・・
誰にも言えずに、自分ひとりで悩みを抱えてしまうときって
ありませんか?


または、誰に話しても、自分のこころにしっくり来ず、
なかなか楽になれない、かえって苦しみが大きくなる・・
そんなことってありませんか?



こういったことは、どんな人でも起きうることです
「カウンセリング」だから、特別な人、悩みが深くて大変な人が行くべき
ところなんじゃないのか、というふうに思われがちですが・・

そういうことでもありません

もちろん問題が深い方には、心理療法をしっかりやりながら対応していきますが、

それ以外でも、カウンセリングは皆さまにとって、こころの不具合を回復させる方法
そして、よりいきいきと生活していくために使うツール
のひとつとして理解してくださったら
ありがたいと思います

また、今は個別面接のカウンセリングだけをやっていますが
ちかいうちに、4~5人のグループ・カウンセリングも考えています
ご希望の方は、ご連絡ください


どんな内容でもカウンセリングの対象になりますので、
ご連絡頂ければ、丁寧にご事情をうかがって、カウンセリングについての
説明をさせていただきます

まずは、ご気軽にお電話ください


こんな相談内容があります 参考にしてみてください


・ 人間関係がうまくいかない

・ 会社、職場のなかで、上司や同僚たちとうまくコミュニケーションがとれない

・ 人と話していると、または人前に出るとひどく緊張してしまう

・ 人前にいると自分がどう見られているのか、すごく気になってしまう

・ 会社に行くのがつらい  

・ 夫婦の関係がうまくいかない

・ 相手から暴言や暴力を受け続けている

・ 子どもの育て方が分からない 自信がない

・ 子どもに暴力をふってしまったり、暴言を吐いてしまう

・ 毎朝、気分が落ち込んでしまい、なかなか起き上がれない

・ よく眠れない   眠りが浅く、疲れがとれない

・ 時々心臓がドキドキがとまらない または呼吸が苦しくなる

・ いろんなことにイライラしてしまう 分かっているがどうしてもおさえられない

・ 「こうなったらどうしよう」「ああなったらどうしよう」と、何かと先のことが不安になってしまい、
  いろんなことが手につかない

・ 最近、いろんなことが忘れっぽくなっている  検査をしたが問題はないと言われた   
  
・ 胃腸の調子が悪い  検査をしても問題はないと言われ、薬を飲んでいるがあまり効かない

・ 日々の生活がつらい  毎日がつまらない 生きているのがむなしい

・ 付き合っている人はいるが、その人のことを愛することができない

・ いろんな人と付き合うが、長続きしない   本当に好きになることができない

・ 「私はなんてダメな人間なんだろう」 「私は生きている価値があるのか」と考えてしまう


 という感じに、生きていると、どうしようもないような悩みやストレス
 を抱えてしまうときがあるでしょう

 
  もし、「誰にも話せない」、または「いろんな人に話しても解決に至らない」、
  「どうしたらいいのかわからない、でも何とかしたい」という気持ちで
  このブログを見てくださっている方は、ぜひご一報ください  
お待ちしております

  ご連絡くださって、わからないことがあれば、どんなことでも遠慮なく質問してください
スポンサーサイト

category: ごあいさつ

tb: 0   cm: 7

ごあいさつ  

ぶどうの木のカウンセラー、丸山です。
2009年になりました。  あけましておめでとうございます。今年はみなさまにとりまして、どんな年になるでしょうか。良い年になりますように、心よりお祈りしております。

私は、今年新春に「カウンセリングルーム ぶどうの木」をはじめます。さまざまな方のご協力とご理解がありまして、何とか無事に開設の日を迎えることになりました。

カウンセリングというのは、日本ではまだ若い専門分野ですが、

この難しい現代社会に生きる人びとへの心のケア

教育に携わる方々へのサポート

誰にもいえない、うまく表現できない悩みを抱え、また学校にうまく溶け込めない子どもたち、青年たちへの対話

子育ての難しさに困っている親への助言

何らかの事件や事故に巻き込まれ、精神的にもひどく傷を負ってしまった方々への心の手当て

心のよりどころを求めたあげくに、ある行動がとめられなくなってしまった方への回復援助

なかなか社会に適応できないと感じられている方への苦しみの理解と支援


など、カウンセリングでみなさまのお役に立てることはたくさんあります。

心の修復、回復には体の病気や怪我と違い、時間がかかり、本人が大丈夫だと思っていても、なかなか自覚できないところで無理をしてしまったり、回復していないうちに、自分自身や周りが負担をかけてしまい、以前にもましてもっと状態が悪くなってしまうこともあります。それほどに、心の問題というのは、捉えがたく、難しく、教訓や励まし、一般論では扱えない、とても繊細なものです。

カウンセリングは、薬物治療をする医療的処置とは違い、「対話」によって、皆様の心の問題について、時間をたっぷりとって扱っていきます。
「対話」とは、カウンセラーが一方的に助言や訓育をすることではありません。「対話」は、ご利用される方(クライエント)がご自分のお話しをして、そしてカウンセラーが「聴く」。これが基本的な姿勢になります。
そして、必要に応じてカウンセラーは、クライエントの心や思いに沿った提案をし、それを確認していただく。
カウンセリングとは、そうやってクライエントの、複雑に絡みあった心の問題をゆっくりじっくり解きほぐし、そして、クライエントのペースでゆっくり巻きなおし整える、そんな作業といえるでしょうか。

カウンセリングは、まだ新しい分野なので、いろんな誤解をされやすく、また一体どんなことをやっているのか、その中味が見えづらく感じられてしまっています。
カウンセラーという職業を標榜している方は、現在たくさんいらっしゃるようですが、私どもは、「臨床心理士」という資格をもったカウンセラーです。
臨床心理士は、大学・大学院教育において心理学を専門的に学び、研究を経て実務経験が課せられる、日本では資格を取るためにはもっともハードルの高い資格になっており、政府では文部省が管轄しています。

もうすぐ、国家資格化される予定にもなっており、社会的にも、これからより責任をもって貢献していく必要があります。カウンセリングに携わる私どもは、この混迷した現代社会において起きているさまざまな膿みの部分や痛みの領域を担い、研究し、介入し、回復させていかねばなりません。

そのためにも、大きな使命感をもって、この「カウンセリングルーム ぶどうの木」を始めたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

カウンセリング ルーム ぶどうの木 代表  丸山茂人(臨床心理士)

category: ごあいさつ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。