ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

かながわ震災こころのホッとライン  

神奈川でも臨床心理士会のメンバーが震災支援の事業を立ち上げました。その第2報がきました。お知らせします。
以下のようになります。

 ***************************

「かながわ震災こころのホッとライン」   
神奈川県臨床心理士会        

電話番号: 046-244-6552    

相談員は、すべて臨床心理士です
電話通話料のみでご利用いただけます
相談料は無料です

実施曜日: 毎週土曜日
実施時間: 13時から19時まで
実施期間: 8月6日(土)から12月まで

電話相談によって、臨床心理士がこころのケアをおこないます
神奈川県内だけでなく、県外、被災地の方々にもご利用していただくことができます
直接被災されていなくても、震災の影響で間接的にストレスをお感じになっている方、またお仕事やボランティアなどで支援をおこない、その後「こころの状態が思わしくない」とお感じになっている方も、ご利用できます
震災の影響によって、以下のようなストレス、お悩みがあると思います
わたしたちがお話をうかがいます
お電話をいただいた際には、お名前を言う必要はありません
こころの重荷が少しでも和らぐようにお手伝いできればと思っております


直接、被災された方々へ

・大震災の影響によって「また災害が起きるのではないか」などの不安感がおさまらない
・大きな音、水の音や強い雨などがあると震災のことを思い出し、恐怖を感じる
・大震災によって、生活や仕事に大きな困難が生じ、これからどうなっていくのか不安
・大震災によって、大切な人や住んでいた町を失い、強い悲しみ、喪失感がおさまらない
・震災の影響で、長年住み慣れた町を離れ、孤独感を感じるまたいつ戻れるのか不安
・原発や放射性物質がどのような状況になっているのか、とても不安


直接被災していないが、震災の影響を受けている方々へ

・地震が起きるたび、強い恐怖感に襲われる
・原発や放射性物質がどのような状況になっているのか、とても不安
・自分や自分の子どもが放射性物質によって健康を害するのではないかと、不安
・震災によってストレス状態になっている自分は、おかしいのではないかと思い悩む
・これから近いうちに、もっと大きな地震や災害が来るのではないかと気が気でない
・テレビ、インターネットなどで被災地の様子を映像などで見ると、胸が苦しくなる


被災支援をおこなってきた方々へ

・被災地に行って復興支援にかかわったが、痛ましいものを見すぎて辛い
・被災地で体験したことがずっと頭から離れず苦しい
・被災地に行ってきたが、自分があまりにも無力だと実感して、苦しい
・被災地から帰ってきた後、不眠、疲労感、食欲不振など体調に異変が生じている
・被災支援をおこなってきたのに、ストレス状態になっている自分は弱い人間だと思い悩む


  **************************

ということが書かれています。
まだ震災の影響で、ココロもカラダの状態も戻っていない方、お悩みの方、多いはず。ココロにある苦しみはなかなか身近な人にも言えませんよね。
この相談システム、お気軽にご利用なさってはいかがですか?

                             
スポンサーサイト

category: かながわ震災こころのホッとライン

tb: 0   cm: 0

震災関連支援のお知らせ  

神奈川県臨床心理士会 www.ksccp.jp が、

「かながわ震災こころのホッとライン」 を開設しました。

電話 046-244-6552  毎週土曜日13~19時

震災から、5ヶ月が過ぎようとしています。

まだ、東日本大震災が起きて、半年も経過していないのです。

いま、悲しみや喪失感を抱えて、苦しみ続けている方も多いと思います。

また、震災や津波など災害時の光景が幾度も頭に浮かび、恐怖感が強く残っている方もいるでしょう。

そして、震災の被害には遭ってはいないけれど、原発や放射性物質の現在の状況がとても気になって、自分や自分の家族のことが不安でたまらなくなっている方もいるでしょう。

さらに、被災地に支援に行かれた方のなかで、痛ましいもの、悲しいことに出会いすぎて、帰ってきても、こころもからだの具合も戻らず、苦しみ続けている方もいるでしょう。

こうして、震災や原発のことで苦しみ続けている自分は、弱いと感じている方もいるかもしれません。

とにかく、こういった気持ちを、誰にも言えずに一人で抱えたまま、悶々と毎日を送っている方も多くいるでしょう。

こちらのホットラインを使って、お気持ちを語ってみませんか?

臨床心理士は、こころの専門家なので、安心してお話できると思います。

category: かながわ震災こころのホッとライン

tb: 0   cm: 0