FC2ブログ

ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ぶどうの木へ どうぞ  

ぶどうの木を開設して、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています

あっという間に、一ヶ月が経ってしまったという感じです


このようなカウンセリングルームを自分で開設してみて、どれぐらい
知ってもらえるかなという不安もありましたが、少しづつ問い合わせや
予約のご連絡が増えてきているという状態です


ところで、「カウンセリング」と聞かれると、なんだか特別なことのように感じられる
かもしれませんね

また、カウンセラーっていう人は、どんな人で、何をしてくれるんだろうと
思いますよね

わたしたちは、「臨床心理士」といって、こころの問題や、こころの中で起きるさまざまな現象
を専門的に学び、またカウンセリングという「こころの援助のための対話」の訓練・実践を
色んな現場で、積んできています


相談したいこと 困っていること 不安に思うこと 悩み
いつまでも消えない心の苦しみ、きつさ

こういったことは、どんな人でも持ってしまうものです
特に現代は、至るところにストレスが潜んでいる社会になっています

職場や、家庭、学校  友人関係、夫婦、親子関係、嫁姑の関係
上司や同僚との関係、 先輩、後輩との関係、恋人との関係
または、進路のこと、就職のこと、部活のこと
     自分自身のこと  自分の容貌のこと などを考えるとき・・


友だちや、家族、同僚や恋人などの身近な人にお話して、楽になったり、問題が解決すること
も、もちろんあるでしょうね

そういうものの他に・・
誰にも言えずに、自分ひとりで悩みを抱えてしまうときって
ありませんか?


または、誰に話しても、自分のこころにしっくり来ず、
なかなか楽になれない、かえって苦しみが大きくなる・・
そんなことってありませんか?



こういったことは、どんな人でも起きうることです
「カウンセリング」だから、特別な人、悩みが深くて大変な人が行くべき
ところなんじゃないのか、というふうに思われがちですが・・

そういうことでもありません

もちろん問題が深い方には、心理療法をしっかりやりながら対応していきますが、

それ以外でも、カウンセリングは皆さまにとって、こころの不具合を回復させる方法
そして、よりいきいきと生活していくために使うツール
のひとつとして理解してくださったら
ありがたいと思います

また、今は個別面接のカウンセリングだけをやっていますが
ちかいうちに、4~5人のグループ・カウンセリングも考えています
ご希望の方は、ご連絡ください


どんな内容でもカウンセリングの対象になりますので、
ご連絡頂ければ、丁寧にご事情をうかがって、カウンセリングについての
説明をさせていただきます

まずは、ご気軽にお電話ください


こんな相談内容があります 参考にしてみてください


・ 人間関係がうまくいかない

・ 会社、職場のなかで、上司や同僚たちとうまくコミュニケーションがとれない

・ 人と話していると、または人前に出るとひどく緊張してしまう

・ 人前にいると自分がどう見られているのか、すごく気になってしまう

・ 会社に行くのがつらい  

・ 夫婦の関係がうまくいかない

・ 相手から暴言や暴力を受け続けている

・ 子どもの育て方が分からない 自信がない

・ 子どもに暴力をふってしまったり、暴言を吐いてしまう

・ 毎朝、気分が落ち込んでしまい、なかなか起き上がれない

・ よく眠れない   眠りが浅く、疲れがとれない

・ 時々心臓がドキドキがとまらない または呼吸が苦しくなる

・ いろんなことにイライラしてしまう 分かっているがどうしてもおさえられない

・ 「こうなったらどうしよう」「ああなったらどうしよう」と、何かと先のことが不安になってしまい、
  いろんなことが手につかない

・ 最近、いろんなことが忘れっぽくなっている  検査をしたが問題はないと言われた   
  
・ 胃腸の調子が悪い  検査をしても問題はないと言われ、薬を飲んでいるがあまり効かない

・ 日々の生活がつらい  毎日がつまらない 生きているのがむなしい

・ 付き合っている人はいるが、その人のことを愛することができない

・ いろんな人と付き合うが、長続きしない   本当に好きになることができない

・ 「私はなんてダメな人間なんだろう」 「私は生きている価値があるのか」と考えてしまう


 という感じに、生きていると、どうしようもないような悩みやストレス
 を抱えてしまうときがあるでしょう

 
  もし、「誰にも話せない」、または「いろんな人に話しても解決に至らない」、
  「どうしたらいいのかわからない、でも何とかしたい」という気持ちで
  このブログを見てくださっている方は、ぜひご一報ください  
お待ちしております

  ご連絡くださって、わからないことがあれば、どんなことでも遠慮なく質問してください
スポンサーサイト

category: ごあいさつ

tb: 0   cm: 7

おくりもの  

今日も、ルームにお客様


書家である知人が、素敵なものを届けてくれました

なんとも、味のある書体 
風格ある、堂々とした筆ぶりで、うっとりしてきます

   
       ぶどうの木 002
     

龍翔さん
どうもありがとうございました
家宝・・?じゃなかったルーム宝として、大事に飾らせてもらいます


あと、先日の土曜日にきてくださったお客様
元の上司と、同僚      


            置物


 お~~ かわいい
これは、「シノさん」とおっしゃる神奈川の木工アーティストの作品だそうです
犬や猫ちゃんもかわいいんですが
この下台になっている木が味がある~


なんでも、湘南の海にやってきた流木を使っているそうな・・
ルームのキャラクターとして、大切に置いておきます


ここのブログは、少々シンプルにしました
みなさま、いろいろ活用してくださってありがとうございます
これからもなるべく、更新したり、新しく綴ってまいりますので
どうぞいらっしゃってください

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

癒しの鶴見川  

川の土手とか、川っぺりを歩くのが好きです

小さいころから、遊び場といえば川でした
魚を釣ったり、泳いだり、ザリガニを獲ったりしました
家のそばの川には、夏になるとホタルも飛んでいました


大倉山付近にも、鶴見川という川があります

多摩川ほど大きな川ではないのですが、のんびり散歩したり
サイクリングに行くのに、程よい感じの場所です

鶴見川が流れる地域は、横浜というイメージとはマッチしない
ほど、自然が豊かなところで、サイクリングをしていると
びっくりするような牧歌的な風景が楽しめます

    鶴見川2


去年は、夏、頻繁に鶴見川にサイクリングに行きました
日焼けして真っ黒になってしまいました

土手が桜並木になっている場所があり、春には桜舞い散る
とても綺麗な風情を堪能できます

珍しい野生の動物も、実はかなり多く生息しているようです

私の知人は、「鶴見川にビーバーがいた!」と叫んでいたことが
あります(笑)

ビーバーがいるとは、思いませんが、イタチかタヌキの類はいるようです


鶴見川を、ゆっくりサイクリングしていると、心地よい風を浴びて
頭が空っぽになり、本当に爽快な気持ちになります

「ドイツ人はサイクリングをして、うつを治すそうだよ」と、
冗談めかして言っていた友人がいますが、鶴見川をサイクリングをしていると
そんなこともあるかな と思うくらい気持ちの良い感覚を味わえます

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 3

山のこころ 2  

18日 日曜日、

父が山梨から、横浜に来てくれました

父の歳は70を越えましたが、まだまだ健脚で体も大きいです

一緒に飯を食い、酒を酌み交わしました

私は父に新しい名刺を差し出しました
父は、老眼のメガネを外し、長い間それをじ~っと見ていましたが
何も言わず

私も、この屋号をつけたいきさつを話そうと
思いましたが、結局何も言えませんでした



別れ際、父はニカッと笑い、「ま~ がんばれよ」
と言って、新横浜駅を大股で闊歩し、横浜線に乗って
帰ってゆきました

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 1

山のこころ  

冬は、寒いですが空気が澄んでいるので、星や山が
晴れた日にはくっきりと見えます

年末、実家に帰ったときに、山を眺めに行きました
富士山のほうは、人が混み合っているだろうと思い
八ヶ岳や南アルプスの方面に行きました

清里を通り、八ヶ岳のふもとへ

すごい!

 八ヶ岳2

八ヶ岳の主峰、赤岳は神秘的に輝いて、堂々とそびえたって
いました
この姿を見てしまうと、あえて厳冬の冬山に登ろうとする
クライマーの気持ちがわかるような気がします

最近、「岳(がく)」という漫画に出会い、読んでいます
主人公の島崎三歩は、遭難救助のボランティアをしています
この漫画は冬山で遭難した登山者の姿をリアルに描いていて
鬼気迫るような筆致に、グッと胸が熱くなります

遭難者を救助したとき、「何で軽装できたんだ」とか
「道をそれてはダメではないか」などど言って、怒りたい気持ちも
ありますが、三歩は遭難者に決して怒りません

「よくがんばったね」
「生きていてありがとう」
「また、登りにきてください」

と、暖かく声をかけます

遭難者は、過酷な状況で何日も耐え、また「どうしてこんなことに
なったんだろう」と自責感にさいなまれ、身も心もボロボロになってしまう
そんな遭難者の傷んだ状況を、三歩は深く理解しています

どんなに万全を尽くしても、人は誰でも遭難者になり、被害者になりえます

自分は今、安全、安泰だからといって、こんな危険な状況にあって
生き抜いた人々を責めるような、奢った気持ちにならないようにしたいもの
です

三歩のような、大きな山のような懐の深い生き方にあこがれます

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

大倉山の温泉 あった~!!  

温泉が大好きな私は、この大倉山にも

温泉はないかあ~、と自転車でぶらついていたところ、
まあ、こういうきれいな住宅街にはないかと
あきらめかけて、気を抜いていたところ

なんと  ああっとああ~~~!!

    しのぶ湯

 しのぶ湯・・・・

なんとも、いい響きの屋号     渋すぎる このたたずまい・・
天然ラジウム温泉とある

間違いなく、この銭湯風のおふろ屋さんは、温泉だあ~!(興奮しすぎ)

とはいえ、ぶらりサイクリングで偶然見つけて、場所が確認できず・・
どこだ?、ここ。

このあたりは「黒湯銭湯」という温泉の、メッカだそうな
そういえば、お隣の綱島には、昔温泉街あったそうな

なるほどぉ~~

そういえば、トレッサのそばに「スパ・リーブル横浜」という最近できた
スパがありますが、お風呂のお湯は温泉で、お湯のいろは黒っぽかったです
スパ・リーブルも大きい施設で、なかなかゆったりできておすすめです

しかし、しのぶ湯はみっけたものの、タオルも何も持っていず
入るのを断腸の思いで断念し、「きっと、ちかいうち来るぞ」と誓って
帰宅しました

場所は、近くに大綱中 
ヨーク・マートもそばにあったような気がします

category: 大倉山散歩

tb: 0   cm: 0

ぶどうの木の下で  

私は、ぶどう畑とともに、育ちました

私の実家の一軒家は、四方八方、ぶどう畑で
囲まれていました

ぶどうの木3


小さい頃の遊び場は、ぶどう畑でした
よく思い出すのが、今ぐらいの時期に雪が降ったとき、
ぶどう畑で雪だるまを作ったり、雪の滑り台を作って、
朝から夕方まで、遊んでいたのを記憶しています


また、手伝いもよくしました
下の地面を耕し、肥料をまき
消毒の作業を手伝ったり、

収穫の時期には、かごをもち、一つ一つ丁寧に
ぶどうの実をとって、いたんでいる粒を取り除け、
箱詰めする

また、針金と支え柱が古くなってくると、ぶどう棚を修復します
新しい針金をつたわしたり、柱を変えたり
これが、けっこう重労働で、子どもにとってはきつくて、重くて
しょっちゅう父親に怒られていました


でもぶどう畑には、たくさんの実りやごほうびがありました

夏には、ぶどうの実にカブトムシやクワガタが寄ってきたり、
また、フキやミョウガ、ふきのとう、アスパラがあちこちから自然発生して、
よくとって食べたものです

そんなぶどう畑とともに過ごした記憶の数々は、私の大切な原風景です

実家の畑の中心に根ざしている、もっとも幹が太いぶどうの木は、
樹齢が100年以上たっているとのことです

このぶどうの木は、いろんな時代の私の家族を守り、育ててくれたのです
そんな感謝の気持ちをこめて、わがカウンセリングルームも、「ぶどうの木」
と名づけました



「わたしはぶどうの木で
  あなたがたは枝です」   (聖書)

category: ぶどうの木って??

tb: 0   cm: 0

大倉山の焼き鳥はおいしい?  

大倉山ということころは、なかなかモダンな街で、
おしゃれな店も多いですが、

ここにやってきて、買い物をしているうちに気がついたのは
焼き鳥屋さんがやたら多いように感じます

私が知っているだけでも、駅近くに10件以上はあります
大倉山の街全体で数えたら、いったいどれぐらいになるんでしょう??
というほど、焼き鳥屋さん満載です
焼き売り専門はもちろんのこと、焼き鳥のダイニングバーや、
焼き鳥の立ち飲み屋さんまで、いろいろあります
そして、どこもにぎわっています

大倉山の人たちは、焼き鳥が好きなのでしょうか?
だれか、知っている人教えてください


私も、最近しょっちゅう焼き鳥を買って食べるようになってしまい
ました

いろんなところの焼き鳥を食べましたが、どこもこだわりや独自性が
あって、おいしいです

category: 大倉山散歩

tb: 0   cm: 0

こちらは、ぶどうの木のあれこれ です  

こちらは、「カウンセリングルーム ぶどうの木」のブログです

ぶどうの木のあれこれへようこそ
こちらは、ぶどうの木でやっていること、カウンセリングルームの雰囲気、
カウンセリングとはどういうものか、そんな中身のことをみなさんにわかりやすく
お伝えできればと思っています

どうぞよろしくお願いします

カウンセリングルーム ぶどうの木 は、1月5日に開設いたしました

カウンセリングは、カウンセラーとの対話によって、ストレス、不安感、
日ごろのうまくいかないこと、人間関係、やめられないことなど、心の不具合に
よって、起きてしまった様々問題について、応対してまいります

カウンセリングは、こういった心の問題にも応対するのみに限らず、その方の
成長や、将来のこと、子育てに関することなど、どのような相談にも応じてまいります
 

カウンセリングは、教育や医療、福祉などの専門的な援助分野と比べ、
まだわが国では発展途上の分野です

現在さまざまな商業において、「カウンセリング」という言葉が使われていますが、
私たちは、「心理臨床」ということをやっています

心理臨床とは、いわば心のケア、回復、心理的な治療・教育
の仕事です

心理臨床は、教育、医療、福祉、産業などの領域において、それぞれに対して、
サポートする役割のひとつとして、活動しています

たとえば、ある人が心を病んで、心療内科や精神科のお医者さんに行き、
不安定とか混乱した精神状態を、薬物治療によって治していきます
この医療的な治療によって、治る人ももちろんいます

しかし、中には症状は治っても、病気によって、考え方がどうしても悲観的に
なってしまったり、恐怖や怒りなどの感情のもとになる考え方がおさまらず
苦しんでいる方もいらっしゃいます
そのような方に、カウンセリングを導入して、いわば「心のリハビリテーション」
を行っていくことがあります

また、学校では、教員が生徒の教育をして、たとえ生徒に問題が生じても、担任の
先生や教頭先生がその子のために一生懸命、対応します
しかし、なかには学校教育の範囲では、なかなか扱いが難しい生徒も最近多いと
思います
その子なりにいろいろ悩んでいるのですが、先生からの話や励ましは分かっていても
どうしても同じことを繰り返してしまったり、また先生もどうしたら分からないという場合も
あります
そんなときは、カウンセラーが、その子の心のなかで起きていることを専門的な立場から
考え、じかにその子にカウンセリングをしたり、先生に助言をしたりサポートをします

こんなふうにして、教育や医療などの専門援助とタイアップして、カウンセラーは、
仕事をします



カウンセリングという対話的な援助が、今後皆さまの身近な生活に
浸透していくことができるように努力してまいりたいと思います

対話的な援助がいかに有効であるか
それは、その中身がもっとオープンにされ、分かりやすく伝えなければいけない
と痛感しております

みなさんの日常の生活に希望や潤い、光を見出すのをサポートできますように
励んでまいります

category: ぶどうの木のあれこれ

tb: 0   cm: 0

お寒うございます  

わがルームが開設してから、5日が経ちました

昨日は家のパソコンが壊れてしまい、ショック・・・・(泣)
入れていたデータも取り出せなくなりました
こういうことが起きると、何でもかんでも悲観的になってしまい
ますね~

とりあえず、ルームのPCで補っています

そういえば、ぶどうの木ルームにPCを設置し、ネットをつなげるまで
に相当な苦労をしました

初めは「やっぱり今は光だね」とか言いながら、息巻いていたのですが、
NTTの工事屋さんが、いろいろビルの電話配線具合を見てくれたところ、
「こりゃ、このビルは光は無理ですのぉ~」と、ひとこと言われてさっさか退散していきました

ガ~ン・・
光配線をして、電話やネットの回線を設計していたのに・・
夢に描いていた近代的なルームのイメージが、いとも簡単にもろくも
潰されました・・大げさか
光対応のFAX電話を買い、電気を買ったときも光契約で、割引したもらった
ものを、すべて解約し、買ったものを返品しに行き・・
あ~あ・・


そのあと、数週間後にNTTからまた工事やさんが来て、普通に電話回線を引いて
もらって、・・最初からこうしておけば良かった。
そして、待って待って待った挙句に、最近ようやく格安のプロバイダーからADSL工事
をしてもらい、モデムが届き、せっせと自分でケーブルを這わせ、LANをつくり
めでたくインターネットができるようになりました
これで、一安心・・やっぱり自分はつくづくアナログな人間だなあと痛感しました

元来、こういう配線や電気の設置、組み立てが好きな私は、自分なりにルームのなかを
整えていきました
パーテーションをはり、家具を組み立て、などなど
上記のように落胆することも多いのですが、いろんな人から、物品を譲ってもらったり
それをどういうふうにルーム内に置くか、飾るかなど考えるのは、本当に楽しかったです

今日は、横浜は一日雨・・
なんだか、雪になりそうですね
今日は、家でついた餅をやいて、雑煮にして食べようかと思います

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

三日目  

ぶどうの木を開設して、三日目になりました

今日も、いろんなところへ顔出して、ご挨拶に
うかがいました
みなさま、お忙しい中、丁寧にお話しを聞いてくださり、まことに
ありがとうございます



今日もお問い合わせや、応援のご連絡、遠くからのお祝い
があり、私にとっては一つ一つが感謝の気持ちでいっぱいです

いろんな人に支えられてきたことを、あらためて感じます(・・涙・・)



身軽に早く移動できるように、自転車に乗りまくっています
今の時期は自転車に乗るのは、ちと寒いのですが、それでも
朝早く、仕事に出かけるときなどは、さわやかな空気を感じ、
とてもすがすがしい気分になれます

去年の春に、友人に勧められてちょっといい自転車を購入し、
鶴見川へサイクリングにしょっちゅう出かけていました
それ以来、かなりハマっています

開業した今も、自転車は大活躍
買い物、さまざまな公的機関への手続、挨拶など、
時間を無駄にしたくないので、ササ~と行けます

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

第二日目  

開業二日目になりました

うららかな陽気でした

今日はご挨拶デーにしました
お世話になった方へ、連絡したり、うかがったり、
挨拶状を送ったり、とにかく薄い人脈をたどって
開業報告に取り掛かっています

どんな反応をされるのかと不安を交え、お話しをしてみると
みなさん応援メッセージをくださり、とにかく感謝の一日でした

人間関係や交流を活発にするのは、元来苦手なのですが
こうやって、みなさんとお話しをすると
だんだんそれが楽しみになっていきます

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 2

ぶどうの木ができるまで  

カウンセリングルーム ぶどうの木は大倉山駅から歩いて
3分くらいのところにあります

いくつか見て、このオフィスに決めたのは、駅から近いことと
街の通りに面してますが、微妙に目立たないこと
街中なのに、ルーム内が静かなこと
中が暖かくて、明るかったこと
そして、広々した空間であったこと

が、主な理由でした
こんな感じで、始めは何もない状態でした 当たり前ですが

     オフィスはじめ



この広い空間をどう活用しようかと頭をひねりつつ、
また、不動産さんといろいろ話しあいながら、壁を設置して
部屋を二つに区切ることにしました
ただ壁では圧迫感がありそうなので、すりガラスの窓をつけることに
しました
そして、カウンセリングルームへ入るためのドアは、木目の
引き戸がいいなと考え、これを選びました


     壁作り


こんな感じでイメージしたものの、出来上がりはどうかと
完成するときには、本当にドキドキしました
でも、さすがはプロ。想像以上にきれいに仕上げてもらい、基礎の
空間作りができました


      壁完成


同時に看板もデザインし、ロゴの形や絵柄、マーク、色など
一つ一つのバランスをじっくり見ながら、作っていきました
ロゴの文字を間違えたりすることもあり、もうこのあたりから、
バタバタと落ち着かない状態になっていきました


     看板ドア


まあ、何はともあれ、完成し開業予定日に間に合って、ホッとしました
自分の仕事の空間をどうするか、すごく悩みました
クライエントさんが座ったときに、どんなふうに感じるか
何度も座りなおして、ソファの位置を神経質に変えて行きました
とりあえず、今はこんなふうに置いてます

     カウンセリングルーム

さてさて、出来上がって準備も整ったところで、これから肝腎の
仕事です
クライエントさんが、少しでもくつろいでお話しができるように、
空間作りをこれからも考え、また自分自身も尽力してまいります

category: ぶどうの木のルーム内

tb: 0   cm: 0

第一日目  

いよいよ、今日開業の日を迎えました

準備にかけた時間は、3ヶ月ほどで急ピッチで
開業に向けた知識を詰め込み、借りる賃貸オフィスを
めぐり歩き、内装・電気工事をすすめ、家具を大急ぎ
で買い込んでまいりました

近くの、ニ○リさん、IK○Aさん、無○良品さん、NO○Eさん
などのお店を駆け巡りました

電気屋さんは、ビッ○カメラ、ノ○マ、山○電気で、

また、100円ショップ、リサイクルショップなど、格安品も
ふんだんに活用させてもらいました

お店に行けば、対応はさまざま
どこかどういう売り方をしているのか、業者が入ると、
どんなふうに販売とつながっているのか、
いろいろ商売している方の裏の部分を見させてもらいました

物を買うとき、値切る癖がすっかりついてしまい、
定価でもずいぶん安いのに、さらに値切ろうとする厚かましさ
まで、身に着けてしまいました
経済的に苦しい私にとっては、なかなかこの技は役に立ちました
お店のみなさん、ご迷惑かけました

そしてルーム近くの不動産屋さん、わがままな相談に親身に
なって付き合ってくれて、とても素敵な内装に仕上げてくれました
若い担当さんでしたが、しっかりした方でとても頼りになりました
ありがとうございます

あとは、経理、帳簿づけの勉強  これが問題

元来、お金計算にズボラだった私にとってはまさに修行です
毎日、お金や通帳をにらみ、「う~~ん・・う~~ん・・」と、異様な
奇声を発し、頭をかきむしりながら、必死に電卓をたたき、経理の本を買い込んで、
何はどの費用になるのか、税金はどういう計算になるのかなど
宇宙の世界に飛び込むような気分で、苦しみながら遊泳してます

しかし、今は便利になった時代
ずぶの素人である私にも使える会計ソフトがあり、青色申告会のスタッフさんに
お金の動きを教わりながら、PCと格闘しています
ふ~

こまごましたもの  はんこや封筒、挨拶状、領収書、パンフレット、名刺、
などを買ったり、作ったり  まあ、挙げたらキリがありません
とりあえず、全部作り、作ってもらいました
肝腎のホームページも・・いちいちなんくせつけて、喧々諤々
は~

何もノウハウも身につけず、まったくゼロからのスタート
自分の無謀さ、何をやってもヌケヌケの自分に失望もしました
準備ではいろいろ失敗もしたし、腹の立つこともたくさんありました
年末は、疲れが一気に襲ってきて、しばらく寝込んでしまいました
実家に帰って、温泉・熟眠療法  いっきに回復しました
ほ~

紆余曲折・・、何とか開業の日を無事に迎えることができました
やっとスタート地点に立てました
これからですね 本当の仕事をはじめ、それを確立するのは
ん~



今日は、お世話になったみなさんから、たくさんのお祝いの品が届きました
本当にありがとうございます
わざわざ、ルームに足を運んでくださってまで、贈りものを届けてくださった方も
いらっしゃいました
なんと、励まされたことでしょう
本当に本当に、暖かい気持ち、ありがとうございます

 贈りもの
   

頑張ってまいります
今後とも、よろしくお願いします

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 1

お問い合わせをどうぞ ~ ぶどうの木の話し    

 

*ホームページができました。 予約を受付中です。ホームページの『お問い合わせ』ページから、メールでのお問い合わせができるように しました。ご覧ください。 >>>お問い合わせ メールフォーム 

 現在、1月5日のオープンの日を目前にして、みなさまからのお問い合わせにきちんと応対できるように準備しております。どんなことでも構いませんから、お電話頂ければと思います。       

 

「ぶどうの木」というネーミングにしたのは、まず私の実家の山梨が
ぶどうの名産地であること、そして私自身の実家にもぶどう畑があり、
小さい頃から、ずっとぶどう畑とともに育ったという大切な思い出が
あります。

       ぶどうの木


ぶどうの木は、何本も長~い枝を出し、そして、一本の木から何十個
ものたくさんのぶどうを実らせます。
その不思議なぶどうの木の姿は、幹も木も細いのですが、四方八方に
広大に枝を張り巡らしています。とても繊細な感じではありますが、
どこか堂々として、懸命に生きている感じがします。

ぶどうの木は、その姿も生き方も、ときに人間のように感じるときがあり
私は、とても好きなのです。

そんなところから、「ぶどうの木」というネーミングを思いつきました。

まだまだ、「ぶどうの木」のネーミングの由来は、これだけではないのですが・・
それは後々伝えることにしますね。


category: ぶどうの木って??

tb: 0   cm: 0

里帰り  

実家、甲府から帰ってまいりました

久々にゆっくり過ごしてきました
年末に餅つきをしたり、温泉にいったり、知人に
会ったり、実家近くの近所を散歩したり

近所を散歩していると、子どもの頃よく遊んだ場所が
そのまんま残っていて、すごく懐かしい気分に浸れました

宅地が多くなったといえ、まだまだ近所には広大な
ぶどう畑がたくさん残っていまして、何だかとてもホッと
しました


温泉にも行きました
私は無類の温泉好きで、実家へ帰ったら必ずまっさきに
「風呂行く!」といって、温泉へ出かけます

山梨は、あまり知られていないようですが、温泉私設が
数多く点在しています

今回の帰省では、地元ではかなり評価が高い、「初花(はつはな)」という
温泉施設に行ってきました
ここは、もとはウナギ屋さんだったそうです

ご主人が、井戸水でウナギを養殖していたところ、
ほとんど病気をすることなく、丸々したウナギが育つということで
「この水は温泉の成分が含んでいるのではないか」と考えたそうです
そして、もっと深く掘り続けたら、ほんとに温泉がでた!!そうです

初花の湯はとろりとしていて、肌にしっとりとなじんでくる
源泉掛け流しの温泉です
温度はゆるめなのですが、じっと入って出ると、あがったあとも
体がポカポカになり、肌がツルツルというか、ぷるんぷるんとしてきます

場所は、山梨市の正徳寺にあります

山梨の温泉では、あと最近全国的に有名になった「ほったらかしの湯」
というのがありますが、
温泉通のあいだでは、山梨、甲府内に地元の人しか知らない
いい温泉がたくさんあります

実家に帰ると、温泉めぐりが一つの楽しみです

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

ごあいさつ  

ぶどうの木のカウンセラー、丸山です。
2009年になりました。  あけましておめでとうございます。今年はみなさまにとりまして、どんな年になるでしょうか。良い年になりますように、心よりお祈りしております。

私は、今年新春に「カウンセリングルーム ぶどうの木」をはじめます。さまざまな方のご協力とご理解がありまして、何とか無事に開設の日を迎えることになりました。

カウンセリングというのは、日本ではまだ若い専門分野ですが、

この難しい現代社会に生きる人びとへの心のケア

教育に携わる方々へのサポート

誰にもいえない、うまく表現できない悩みを抱え、また学校にうまく溶け込めない子どもたち、青年たちへの対話

子育ての難しさに困っている親への助言

何らかの事件や事故に巻き込まれ、精神的にもひどく傷を負ってしまった方々への心の手当て

心のよりどころを求めたあげくに、ある行動がとめられなくなってしまった方への回復援助

なかなか社会に適応できないと感じられている方への苦しみの理解と支援


など、カウンセリングでみなさまのお役に立てることはたくさんあります。

心の修復、回復には体の病気や怪我と違い、時間がかかり、本人が大丈夫だと思っていても、なかなか自覚できないところで無理をしてしまったり、回復していないうちに、自分自身や周りが負担をかけてしまい、以前にもましてもっと状態が悪くなってしまうこともあります。それほどに、心の問題というのは、捉えがたく、難しく、教訓や励まし、一般論では扱えない、とても繊細なものです。

カウンセリングは、薬物治療をする医療的処置とは違い、「対話」によって、皆様の心の問題について、時間をたっぷりとって扱っていきます。
「対話」とは、カウンセラーが一方的に助言や訓育をすることではありません。「対話」は、ご利用される方(クライエント)がご自分のお話しをして、そしてカウンセラーが「聴く」。これが基本的な姿勢になります。
そして、必要に応じてカウンセラーは、クライエントの心や思いに沿った提案をし、それを確認していただく。
カウンセリングとは、そうやってクライエントの、複雑に絡みあった心の問題をゆっくりじっくり解きほぐし、そして、クライエントのペースでゆっくり巻きなおし整える、そんな作業といえるでしょうか。

カウンセリングは、まだ新しい分野なので、いろんな誤解をされやすく、また一体どんなことをやっているのか、その中味が見えづらく感じられてしまっています。
カウンセラーという職業を標榜している方は、現在たくさんいらっしゃるようですが、私どもは、「臨床心理士」という資格をもったカウンセラーです。
臨床心理士は、大学・大学院教育において心理学を専門的に学び、研究を経て実務経験が課せられる、日本では資格を取るためにはもっともハードルの高い資格になっており、政府では文部省が管轄しています。

もうすぐ、国家資格化される予定にもなっており、社会的にも、これからより責任をもって貢献していく必要があります。カウンセリングに携わる私どもは、この混迷した現代社会において起きているさまざまな膿みの部分や痛みの領域を担い、研究し、介入し、回復させていかねばなりません。

そのためにも、大きな使命感をもって、この「カウンセリングルーム ぶどうの木」を始めたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

カウンセリング ルーム ぶどうの木 代表  丸山茂人(臨床心理士)

category: ごあいさつ

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。