FC2ブログ

ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

さくら  

春 たくさんの種類の花が咲きはじめる時期ですね
桜の開花は、今週中にみられるでしょうか
近所に広大な桜並木があり、楽しみです

しかし・・桜の花って日本人はほんとうに好きですよね
何でこんなに好きなんでしょう
「さくら」とつける歌は、やたら売れるというジンクスも最近では
よく耳にします

4月のはじめのはじめに咲く花 桜

確かに満開になった時は、薄ピンクの色の花でいっぱいになり
それを見ていると幸せな気持ちになりますよね
また春という時期に咲くから、ということもあるんでしょうか
春の春、春のまっただなかに満開になる桜の花

桜という字は、旧漢字だと、「櫻」となります
右側の「嬰」という字は、「みどりご」  つまり赤ちゃんという意味
赤ちゃんは、いわば人生のスタートの時期
さくらは、誰もが大きなスタートを切る次期に咲くから、
「木」に「嬰」で、さくら「櫻」とつけたようです
よくできていますね~ 漢字の構造は
読みの「さくら」という音源は、諸説ありわからないようです

確かに、桜を見ていると、新しいことの始まりやスタートを感じますね
「よっしゃ、やったるか~」「いっちょ頑張ってみるか」という気分になれる
そんな気がしませんか

昔、うちのばあさんに桜の下には「××が埋まっている」と聞かされ、
背筋がゾクっとするような思いをしましたが(笑)、それも朽ちたものから
新しい命が生まれる、さきの「みどりご」(赤ちゃん)のこともそうですが・・

・・命・・ 桜を愛でるとき、私たちの意識の根源には
そういうものがあるのかもしれません
スポンサーサイト

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

春のあらし  

 今日は、雨です。
 風がびゅうびゅうふいています

 花粉症に悩まされるこの季節ですが、私の鼻炎・アレルギー経歴
 から考えると、体が冷えていたり、疲れを感じるような状態になると
 よりひどくなるような気がします
 疲労がたまると、免疫力や抵抗力が低下してきますよね
 そういうときは、なんだかくしゃみ・鼻水が止まらず、目のかゆみも一段と
 はげしくなるような。気のせいでしょうか
 
 だいたいこの2月~4月の季節は、時期的にも何かと忙しく、やること・こなすこと
 が他の月に比べてとても多くありませんか?つまり忙しくて、慌ただしくて、
 疲れやストレスを多く感じる季節
 この忙しい春の季節と、花粉症・アレルギーのひどさは、関係があるような気がします
 とりあえず、きちんと食べ、お風呂にゆっくり入り、よく寝ましょう

 このブログも背景や内容を変えてみました
 これからも少しづつ変えていくので、引きつづきご覧になってください

 

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 1   cm: 0

3月も後半  

今は、3月も後半にさしかかりました

ときの経つのが早く感じます
忙しく動いていると、本当に時間ってすぐ過ぎて
しまうような感じがしますね

春は、花の季節
春めいてきたころには梅が咲き、やがて桃の花が咲き、
もうすぐ桜が咲き始めます

昨日までは、5月中旬の陽気がやってきて、とても暖かい日が
続いていました
今日は、朝、雨が降り、午後から晴れましたが風が強く
また冷たい空気が再び、戻ってきました

天候が移ろいやすいですね この季節
社会人の方にとっては、今の時期とても忙しい日々を送っていることでしょうね

疲れをためないように
ストレスをためないように
ご自分の心と体、忙しいからこそお労りください


話は変わりますが・・
みなさま いつもこのブログをご愛読くださりまことにありがとうございます
このブログも記事を増やし続けて、少々煩雑な感じになってまいりました
4月、新しい年度に向けて、このブログも少し整理をしていこうと思っております
ちょっとコンパクトにまとめたり、より見やすい形にしていければと思います

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

あるがままに  

先週週末は、はっきりしない天気でしたね。
でも、昨日と今日は春の陽気が気持ちいいです。

先日土曜日には、旧い友人や親類、昔の仲間と会い、
とてもいい時間を過ごすことができました。
時間が経った分だけ少し自分も含め、齢をとったなあと感じたけれど・・
会えば昔の気持ちがすぐに蘇えり、長い時間とても暖かい時間を
過ごすことができました。
また、みなさん横浜へ来てくださいね。

さてさて
話題をガラリと変えて、今日は「あるがまま」という、よく使われる言葉に
ついて考えてみましょうか。
どういう意味の言葉なんでしょう。「あるがまま」
「なりゆきに任せる」「そのままを受け止める」「そういうもんだと自然な気持ちにまかせる」
そんな意味として使われているでしょうかね。
なんだか、漠然とした曖昧な、雲をつかむような意味ですね。
どういうことなんでしょう。「あるがまま」
私も分かっているようでいて、あまりきちんと理解していないので、
こうやって書きながら日常の自分を思いながら、またカウンセリングでクライエントさん
とのお話で薄ぼんやり考えたことを整理しながら、ゆっくりまとめていこうと思います。

逆のような意味の言葉はなんでしょうね。
「無理をする」とか「頑張る」ですかね。

私たちは、たまに自分のことを考えます。
「自分はこういうことをやっていて」とか「自分はこういう時が好きで」
「こういう人が好きで」
または、「自分はこんな気持ちになって・・」という言葉もつぶやきます。

「うれしい」「楽しかった」「好き」なんていう、心地よい感情のときもあれば、
「悲しい」「苦しい」「疲れる」なんていう、心地よくない、嫌な感情になるときもある。
そうですよね。こういうマイナスな感情を感じることも当たり前です。人間なんですから。

でも、たまに私たちは苦しい状態が続いているとき、「どうしてこんなに悲しいんだろう」
「どうしてこんなに苦しいんだろう」「疲れるんだろう」と自分に問いかける、問いかけ続ける
探り続けるときがあります。

「どうして人前でしゃべると緊張するんだろう」
「この人といると、どうしてイライラするんだろう」
「どうして、この人達の話を聞いていると、疲れるんだろう」

『どうして?』『なぜ?』と問い続けます。探り続けます。つまり原因追求の態度が
身についてしまうときがあります。
でも、いかがですか?「どうしてこんな気持ちになるのか」と考えても、また人に
「どうして・・どうして・・」と問い続けて、あなたはもっと苦しくなりませんか?
そして、問われた相手はあなたの質問に答えることができず苦しい思いをしている
とは思いませんか?
「どうして?」という原因追求の態度が身についてしまうと、それは錐(キリ)のように
自分のこころに深く亀裂を入れ続けることになります。

「なぜ、悲しくなるのか」
「なぜ、緊張するのか」
「なぜ、疲れるのか」

人前にいたら、人間ならば誰でも緊張します
悲しいことがあったから、悲しいことが蘇えるから、悲しいのです
重い話を長時間聞けば、人間ならば誰でも疲れるのです
これらは、普通の自然な人間の生理的な反応です。

「疲れる」「悲しい」「苦しい」と感じていて、それがしんどい状態になっている人は、
どこかで「それは何か自分に問題があるんじゃないのか」と思っていませんか?
問題は、「疲れる」「悲しい」「緊張する」ことではなく、それが「なぜ起こってしまうのか」
と探り続ける、原因追求してばかりいるあなたの態度であり、自分の心のなかで先の見えない
ブラックホールのなかを懸命に走り続けているのではないですか?
それが、「より悲しくなり」「より苦しくなり」「より疲れている」ことになっていませんか?
それらしい答えのようなものを聞いても、あなたは納得しないでしょう。

でも、おそらくそうやって、走り続け、懸命に悶えながら這うようにして、「答え」を見つけようと
している姿もあなたなのでしょうね。
おそらく、そうやっていないと、自分が保てないほどに辛い体験をしてきたんだと思います。

しかし、もう自分に対して、相手に対して「なぜ?」という構えで、生きていくことをそろそろ
変えてみませんか?

「人前にでたら、そりゃ緊張するわな」
「疲れる話を聞いていたら、それはくたびれるじゃん」
「こんなことがあったら、悲しいよ」

そんなふうに自然に、
「あ~~そういうもんだよなあ」「こ~んな気持ちになるし、あっていいんでしょう」
「そりゃ、当たり前か」
慣れていない人は、こういうふうに、自分で自ら『思ってみること』が大切でしょうね。

「なんで???」「どうして??」は、アリ地獄にはまります。だから、それちょっと上のように
変えてみましょうか。
こういうふうに思うことが慣れてくると、だんだんそういう姿勢が身につき、そしてそういう生き方
になっていきます。こんなふうな状態や、姿勢や態度が「あるがまま」という感じじゃないですかね。
「あるがまま」を自然に感じられるようになると、安定して穏かな態度になってくるでしょう。

でも、決して焦らないでくださいね。
時には、前のようなガンバリ態度にはまりつつも、時々「あるがまま」の思い方をしてみれば
十分です。すこしでも体験していれば確実に身についていきます。
こころとは、「からだ」のようにとは違って、そうやすやすとは変わったり、治ったり、回復する
ものではありません。むしろゆっくりと時間をかけないと、「あるがまま」の姿勢は身に着けません。
だから、ここはひとつゆったりとじっくりとやっていきましょう。それがいいです。



あ~、なんだか今日は講釈を垂れすぎました。ごめんなさい(笑)。
昨日聞いていた、ジョンレノンのlet it beの音楽が残っていてつい長くなってしまいました。
ご容赦を。

category: あるがままに

tb: 0   cm: 0

わるいなりに・・・  

スランプという言葉がありますね。

今世間でトピックになっていることを挙げれば、
WBCのイチローのバッティングのことでしょうか・・

自分の状態が「いいな~」と感じられることもあれば
「悪いなあ~」と感じられることもあります

「悪いなあ」と感じられることが続くと、それから抜け出せなくなる
ような怖さを覚えて、そうならないように頑張ると余計しんどくなって・・
そんなことないでしょうか・・
私は結構あるんですけど(笑)

このまえ、ある人が言ってました。
「今は状態悪いですね~~。でも悪いけど悪いなりに、これこれこういう感じ
にできているかな」
これ聞いて、フムフムなるほど。

悪いなあと感じられているんだけど、その思い自体を無理に動かそうと
せず、そ~~と自分の日常をそれとなく見てみると、「なんだけっこうできているじゃん、
今はこんなところでせいぜい。それでよしとしておこうかな」
と思えることがある。そう思っているだけで気分が楽になる。
そんなふうに「悪い状態」と感じられている自分のことうかがってみてはどうでしょう。

悪いことが続くと、どうしても考え方がネガティブのスパイラルにハマっていきますよね。
つまり「ミスした」「怒られた」「うまくいかなった」というマイナスのことを
さらに「俺は何やってんだ」「俺ってだめじゃ~ん」ってさらにマイナスの上塗りをして
いく。それきついですよね

こんなとき、どうでしょう。
「悪いなりに、これだけできているからこれでよしとしておくか まあそのうちに・・」
なんて、じっとしていると、嵐のように吹きすさぶマイナスの暴風が自然に凪いでくると思いますよ。

category: 悪いなりに

tb: 0   cm: 1

歩こうかな  

今日は、久しぶりに晴れました。

真っ青な大空。暖かい陽光。
空気はまだ冷えていますが、日の光を浴びながら
今日は最寄の駅まで歩いていきました。

駅まで結構な距離があるから、ちょうどいいウォーキング
になります。
いままでは、自転車で行き来していましたが、
ここ数日雨が多かったのと、少し前に自転車で乗って派手に
こけてしまったので、プチトラウマになったこともあり・・
歩くようにしています。

とぼとぼ歩く。
今日は、こんなことがあるなあ、どんな話をしようか、
こんなことがあったなあ・・などといろんなことを思い巡らしながら

歩いていると、ちょっと頭が整理されたり
行きは心のウォームアップになるし、
帰りはクールダウンになって、なかなかいい時間です。

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。