FC2ブログ

ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

みどり  

はたまた、プログのテンプレートを変えちゃいました。

なかなか落ち着かず、失礼してます(汗)

ぶどうの木のブログのページへ来て、「あれれ?」と思った方も
いらっしゃるでしょうに。

ここです。ここです。間違いありません。
また大幅にブログのデザイン変えてしまいました。
ちょっとまだページによっては、おかしな改行になっていたり、
ズレズレになっていて、見にくい表示になっています。
少しづつ修正していきますので、どうかご勘弁を。



季節は、早くも夏に向かって動いているようですね。
今日は、太陽が照りつけ、汗ばむくらいでした。

ですが、新緑の鮮やかなグリーンを見ると、暑さもひととき忘れ、
涼しい風が、ここちよく心のなかを吹き抜けていきます。


   ぶどうの木も青々と葉を茂らせています。

        ぶどうの木 ベランダで



   

   
    休みの日に森林浴しにいきました。

         新緑と池



  

    木漏れ日が気持ちいいです。

         新緑四季の森公園



スポンサーサイト

category: ぶどうの木のあれこれ

tb: 0   cm: 0

「五月病」を感じてみましょう  

ようやく暖かくなりました。
というか・・、暖かいをとおり越して、近頃は暑いくらいの陽気の日もありますね。

今年のゴールデンウィークは、ず~~と晴れ続きでしたね。
日焼けした人も結構いると思います。

さて、とにかくゴールデンウィークは明けました。

この長い休みが明けたころに、「五月病」にかかることもあると言われて久しくなりました。

4月に入学だの、就職だの、転勤だの、何だのと、新しく出発をして一ヶ月経ったころに、ドッと疲れが出てくる。

体がだるくなったり、朝が辛くなったり、日中眠気が襲われたり、やる気が起きてこなくなったり。そんな症状が出てくると言われています。

もともとの「五月病」の意味は、辛く長い受験勉強を経てきた大学受験生が晴れて一流大学に入学したはいいが、大学生活が始まってまもなく目標を見失ってしまって、気抜けしてボンヤリしてしまった若者の姿を形容していたようです。

確かに。
忙しい4月を経て、5月ぐらいの時期になってくると、何だか腑抜けしたように、重い疲れを感じたり、だるくなってきたりしますよね。

ただ、それは忙しく社会的な営みをしている人たちの多くが感じる自然な反応でしょう。
その最中は疲れなど感じる暇もないけど、一山越えたら、そのときの疲れがど~んと堰を切ったように襲ってきてくることもある。

なんか力がでない、目覚めが悪い、だるい、などは季節の変わり目であるこの時季と、四月以降の疲れがたまることが重なり、ふつうに生きていれば多かれ少なかれ、だれでも経験すること。
問題は、こんなふうに、自分で調子の悪さを意味づけたり、腑に落ちる「心の答え」をつくれるかどうか、ですね。
「五月病だ、何とかしなきゃ」、または「そんなはずはない」と無理に力づくで何とかしようとしたり、否定しようとするとよけい心のなかは焦り、苦しくなり、どんどんきしみが出てくる。そんなことってないですか?

「五月病」を感じることは、疲れや体内リズムの乱れを示すたいせつなシグナル。
むしろそれは自分の心と体が正常に機能にしてるんだ。
そんなふうに思ってみてはどうでしょう。
だったら無理な抵抗や、否認を止め、「それだったら仕方ない。休んだり、ペース落とせばいずれ元に戻るよね」という気持ちも自ずと生まれてきます。

若葉が光るこの季節。
太陽の光と雨、両方とも多いですが、若葉は両方からたっぷり栄養素を作って、成長します。




category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。