ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

懐かしい  

先日、仕事で東京の郊外へ電車で一時間ほどかけて、行って参りました。近くなのに学生の時以来、ほとんど普段は乗らない路線に、久しぶりに乗って出かけて行きました。

平日、真昼間の電車は空いていて、なんだかゆったりした感じになりました。急行や特急などない各駅だけの路線に乗り、とっとことっとこゆっくりと目的地へ進んで行きました。

学生のとき住んでいた街の駅を通りすぎて、その景色を電車の窓からじっくり眺めて、あの頃住んでいたアパートはまだあるのだろうか。近所でよく利用した店とか、まだやっているんだろうか、などとツラツラ考えながら、眠気でウトウトしながら、なつかしみの含む感傷に浸っていました。

今住んでいるところから、さほど遠くもないのに、だいぶ長い間利用していなかった電車、街。
あの頃から時間が瞬く間に過ぎて、今は生活も何もかも変わってしまった。
でも・・
学生のころと何も変わっていない自分もあり、「あのころあんなだったけど、今も結局同じだよなあ」と、よくよく振り返って考えてみるとそんなふうに感じられもしたり、その気分が残念でもなく、何だかクスリと我ながら笑ってしまいます。


梅雨の時期ですね。
空いた日にちを利用して、また学生のころに住んでいた地の近くにあった温泉街に、家族で行ってきました。学生のころは、こんなに良いところが近くにあったなんて、まるで気づかず関心もなく、今はそれなりに歳を重ねて周りの風景を若かったときと違った感覚で捉えることができて、それがまた面白いですね。
あぜ道を歩き、雨露でぬれてきれいに咲いている紫陽花、そして久しぶりに目にした森や田んぼの鮮やかな色彩が、疲れた心と体を癒してくれました。



スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。