ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

ほの明るい光をめざして  

新年明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

2012年が始まりました。

みなさんは、どのような思いで新たな年を迎えたでしょうか。


朝の富士



昨年は、東日本大震災というとても大きな災害がありました。
この未曾有の自然災害に遭い、私たちはしばらく為すすべもなく立ち尽くすほかありませんでした。

人間という存在の儚さ、無力さ、愚かさ。

これまでになく、人間の生なましくむき出しになった姿をいろんな意味でみたような気がします。

恐れ、悲しみ、怒り。
どの感情も出つくすほど、出たような気がします。

しかし・・・
人間という存在の逞しさ、強さ、優しさ。
そういう素晴らしさにも多く出会いました。


昨年は、私自身も様々な経験をさせて頂きました。

そして、多くのことを学びました。
多くの嘘と真実に出会いました。
自分のおぞましい姿、か弱い姿、それでも一歩を進めようとするためにもがいた自分も剥き出しなりました。



踏み潰された状態にこそ、かすかな、ほの明るい、しかし真実の希望の種が生まれることを信じたいと思います。

そうやって、人間のこころの復興がなされていくことを望んでいきたいと思います。

人と人との対話には、そこで真剣に向き合うことができたならば、必ず新しい発見と、新しい答えが見つかります。
魂が交差する地点、それが対話であると純朴に信じ続けている私がいます。

今年もこれからも、皆さんと、新たな一歩へのてがかりやひかりに照らされた道を探すために、対話をしていきます。

どうぞよろしくお願い致します。



スポンサーサイト

category: ぶどうの木のあれこれ

tb: 0   cm: 0