FC2ブログ

ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

心の姿勢  

春です。

4月の予定を載せました。ご確認どうぞ。

まだ肌寒い日は多いですが、無事に桜は咲きましたね。 もう大事だいぶ散って、今度は若々しい新芽が出てきましたね。

春は、何となく嬉しいような落ち着かないような、ソワソワする時期ですよね。

      菜の花


こんな春の時期だからこそ、体のみならず心の健康も保ちたいですね。
心の健康は、体の健康にすぐ連動します。
ストレスや精神的な疲労が蓄積して長く続くと体にも影響し様々な不調を来たします。

心が不調のままずっと続いている状態は、単純な言い方をすれば、自分の本当の願いであるはずの思い(ポジティブな思い)をなかなか自然に持てない(あるけど、なかなかうまく思うことができない)ことが多いのです。
これは、あたりまえのことかもしれませんね。

「精神的に疲れている」
「調子が悪い」
「ストレスがたまっている」

こういう出てくるネガティブな気持ちにとらわれ、この思いから抜け出そうとしても、抜け出せず、かえって、こういう言葉ばかりを口にしてしまいます。
「ネガティブな気持ちにとらわれる」というのは、「なんだかネガティブな気持ちにしがみついてしまう癖がある」と言い換えてもいいかもしれませんね。

ただ、一方で本人は、「こんなにネガティブな思いにしがみついても良くはならない」と、どこかで分かっている。
「だから、ポジティブに考えなきゃいけない」と思う。だけど、「『そう思わなきゃ』と思えば思うほど辛くなり、余計ネガティブな思いが出てきてしまう」という悪循環にはまることがありますよね。

こういうネガティブな気持ちは出てこないように、といくら思っても、どんどん出てきてしまうので、ネガティブに思ってしまうのも仕方ないし自然なことです。
ただ、ネガティブな気持ちを思ってしまってもそれは仕方ないのですが・・、その思い止まりのまんまだと心は不調のまま。
さて、どのように思ってみたらいいのか・・。


ネガティブな気持ちは出てきてしまうし、「それは仕方がない」という思い方。「こんな思いは、まああってもいい」という思い方。

そんな思いにつなげて・ 「じゃあ自分はどうなりたいのか」という自分の願い、いきたい方向の気持ちを思ってみるようにするのです。

「心が疲れてきちゃったなあ」
「調子が悪いなあ」
⇒ 『そんな思いがでてくるのも仕方がない』

続いて・・
「だから、心が健康になりたい」
「いきいきと心が元気でありたい」

というふうにです。
こうやってネガティブな思いを持ってしまったら、「そう思うのも仕方ないよね」って否定することなく、そのまんま続けて、ポジティブな思いを繋げて思うようにしてみるのです。
こうやって思うことをすると、そんなにキツクなく、ポジティブな思いを思うことができませんか?。

わたしたちは、『ポジティブ・シンキング』ということは大事にしますが、こういった思いを無理に思おうとすると、心が無理でキツクなり、逆にネガティブ・シンキングが増殖する、という視点も大切にしています。

一方、「ネガティブ・シンキング」は、その人にとって悪く作用するだけのものではないということも事実です。
上のように、「ネガティブ・シンキング」を無理のないあり方で思えるようになると、心が楽になり、ポジティブ・シンキングが思いやすくなり、たやすく転じることだってあるのです。

このように、心は、ポジティブとかネガティブとか思いや気持ちの『内容』だけが影響するものではでなく、ポジティブ、またはネガティブな気持ちを、『どのように思ってみればいいのか』という『思ってみる仕方』によって楽になったり、苦痛になったりするのです。

こういう視点を大事にする心の理論を、「仕方論」とか「体験の仕方論」といっています。

単に、「ポジティブな気持ちだから良い」とか、「ネガティブだから悪い」とか、そういう括りだけで心のことを理解しても、なかなか苦痛から解放されることはないでしょう。

もっと大事なことは、

・ポジティブな思いを、その人が「どのように思ってみれば、楽になるか(自然で無理のない状態になるか)」
・ネガティブな思いを、その人が「どのように思ってみれば、楽になるか(自然で無理のない状態になるか)」

ですね。

心の「仕方」を理解するには時間がかかり、頭と心と体で覚えていくようなものです。

体の姿勢を治すことは時間がかかりますよね。
自分の体の動かし方や癖に少しづつ気づきながら、自然で無理のない姿勢を体得していきます。

心の「仕方」、「心の姿勢」といってもいいかもしれませんが、同じように、自分の思いや思い方の癖に気づきながら、自然で無理のない心の姿勢をつくっていくことが大事なことになります。

今日は、やや心の治療について、やや突っ込んだ話をしました。いやいや、なかなか心のことを言葉で表すというのは難しいものですね。


スポンサーサイト

category: ココロをつくる

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。