ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

敗れることの美学  

こんにちは。
8月も半ばを過ぎました。
まだまだ暑い日が続いていますが、蝉の鳴き声、空の色、風などが少しつづ変わり、次の季節へのうつろいを感じるようになってきました。

今、オリンピックが開催されていますね。
私も朝、夜とついついテレビに釘付けになって、連日の熱戦に歓声や悲鳴を上げてしまっています。
やっぱり見てしまいますね~。

日本の選手が勝てば、もちろん嬉しいし興奮もします。

ですが、負けても、その選手の姿は実に美しいと感じます。

「敗戦の美学」とでもいいましょうか。

女子のレスリングのあの長く女王と讃えられた選手が決勝で負けました。

試合後、しばらくリング上でうずくまり、号泣していました。そして、直後のインタビューのときも、メダル授与のセレモニーのときも、表情を完全に崩して、全身全霊で悔しがって、悲しんでいた、あの感情を思い切り露わにした姿は、何だかとても美しいと感じました。

選手の強い感情が、テレビで見ているこちら側までヒシヒシと痛いぐらいに伝わってきましたね。

勝つのも一流、負けっぷりも一流。
こんなことを感じるのは不謹慎でしょうか。

でも、あんなにも敗れたことに、悔しいと感じられるのはとてもうらやましいな、いいなと思います。それだけ、人生を賭けていて、大事なものを背負っていて、自分だけではなく多くの人、国の夢を抱えて戦いに挑んでいる。

いろんな言われ方をされていますが、今の世の中そんなことを経験できる人はそう多くはいません。
どんなに強くても、最強と謳われても、終わりのとき、散るときはやがてやってくる。そのときが来たら、我慢しなくて、悔しがればいい。失った王座をこころゆくまで、それこそ悔いがないように、悲しむだけ悲しめばいい。

勝つこと、負けること自体がどうかということではなく、勝っても負けても、それをどう受け止めて、どう人生の妙味、旨味にしていくかが大事だなと。
そのためには、まず自分の気持ちや感情に嘘をつかず、素直になることは必要なことです。

一日たった後のインタビューでは、その選手の表情は穏やかに、優しくなっていました。次の日の朝、起きてもまだ泣いていたというから、痛み切った心を存分に涙で潤したことでしょう。

さて、まだまだ熱い日々は続きます。

今日は話が完全にオリンピックのほうにいってしまいましたが、来週はいよいよセミナーカフェの第一回目。
楽しくみんなで学ぶことができたらいいなと思います。





スポンサーサイト

category: まるやまさんのぶどう日記

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。