ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

初夏の訪れ  

こんにちは。

ブログ、しばらく放置してほぼほぼ凍結状態のようになってしまいました。
いつもの如く、筆不精のわたしです。はい。

さて、5月も後半になり、晴れているときは日差し強く、暑さを感じるようになりましたね。

すでに初夏の訪れを感じる昨今です。

季節の変わり目、こんな時期、心身共に気を付けていきたいものですね。

私は、風邪を長らく引いていて、熱はないものの咳がなかなか止まないです。
アレルギー、風邪、気温差、疲れなど色々なことが要因で、こんな今に至っています。

汚い話ですが、鼻水が鼻奥に停滞し過ぎて、味覚がない状態がほぼ一週間ぐらい続いています。
何を食べても、どんなに濃いモノ食べても、味が全くしない・・。
これは悲しいですね。食の楽しみを感じられない。なんていうことでしょう。

・・しかし、今日の昼、やっと、微かにほんのりと、ごはんのおかずの味が分かりました。

お昼はいつもテキトーで、今日は激安のサバ缶を買い、おにぎりと一緒に食べていたところ、あのサバの味噌煮の甘しょっからい味を微かに感じて、「うまい!ナニコレ!?」と素っ頓狂な声で、思わず叫んでしまいました。

こんな、素敵に美味かったのか、何年ぶりかに食う、サバ缶130円。
どうせ、味なんかしないんだから安いものでいいやとタカをくくり、見事に裏切られた、サバ缶の逆襲。

ごちそうさまでした。
そしてありがとう、私の味覚よ。

しばらく味を感じず、食に対する一種の飢餓状態。
こんなちょっとした飢餓でも、切なるものにほんのちょっと辿り着いたとき、大きな達成感、豊かな悦楽。
人はこうやって、飢餓して希求する動物なのだなと、サバ缶に感謝した昼のひと時でした。

外は、雷雨・・・。

とおくの夏のさざめきを感じながら、午後の仕事へと向かいました。


スポンサーサイト

category: ぶどうの木のあれこれ

tb: 0   cm: 0