FC2ブログ

ぶどうの木のあれこれ

カウンセリングルーム『ぶどうの木』へようこそ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

別れ  

2月も後半になりました。

もう少しで3月。  3月の予定を載せています。

梅が見ごろを迎えています。 大倉山公園の梅の花は満開までもうすぐ。

春爛漫の桜もいいですが、冬の終わりを告げるかのように、寒空にけなげに咲く梅の花もまたいいものですね。


2015-02-20_09-01-52_322.jpg


これからの時期、新しい出会いと別れの時期ですね。

人と人とが新しく出会う。
「出会い」は美しいものです。

「別れ」というものも「出会い」以上に、実は美しいものと感じています。

井上靖さんは、「別離」というエッセイのなかでこんなことを言っています。

楠木正成は、息子の正行と別れをする際、ふたりは五月の青葉茂る木々の間から差す陽光に照らされていた。

現代は、誰かと別れるという機会が全く少ない。

こんなような内容から始まります。

さまざまな出会いと、良き別れがもたらした忘れ得ぬ記憶について綴っています。

そしてこんなエピソードも記しています。

ヒマラヤの麓を歩く旅に仲間と出かけたとき、登山者の案内と世話をするシェルパとの出会い。シェルパたちは、みな地元ネパールの少年たちだったそうです。
実に良く働き、黙々とこまごまと、登山者のしもべとなって実に丁寧にその役割をこなしたというのです。
そして、旅の最終日、井上氏ら一行はシェルパたちと別れるときがやってきます。
別れの際、少年たちは、それぞれの「主人」の前にやってきて、黙ってひざまずき、しばらく目を閉じて合掌したということです。

雄大なヒマラヤを背にして、旅の帰路の安全を祈る少年たちの姿は、まるでこれからの人生を祈ってくれているかのような、神々しい感動を覚えたといいます。

きっと彼らとは二度と会うことはない。
だからこそ、かけがえのないの記憶となって生きる。


宮崎駿さんの「風立ちぬ」という映画では、低流にあるテーマは「別離」であると感じました。

二郎と菜穂子。
戦争と震災、そして結核という病気。
どうにも逃れることができない、厳然と先に立ちはだかる別離を二人は自覚していたからこそ、いまの出会いと愛を慈しむように大切にしたのだと思います。その姿はとても悲しくも美しいものでした。

宮崎さんは、「この時代は人と人とが永遠に別れるという事態があたり前のようにあった」と話しています。


私たちのこの日常においては、もう二度と会えないという別離の機会はとても少ないです。

本当は別れる機会なのに、別れようとはしないこともあり、もうすでに別れているのに、そう自覚しない。

ちゃんと別れることができないと、「しがみつく」という事態がやってきます。
これは別れること以上に苦しいものです。

別れというものは、悲しいものです。

そして美しいものです。

ちゃんと別れるべき時に別れることができたら、かの日の記憶は、これから自分が生きる大切ないのちとなるはずです。





スポンサーサイト

category: ぶどうの木のあれこれ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://maruyamagrapes.blog105.fc2.com/tb.php/190-163e4192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。